しまみらいBridgeとは?

SHIMA MIRAI BRIDGE

   

挑戦の物語としまの未来に橋を架けて
これからの生き方・あり方を探究する

 

沖縄県うるま市。
戦後、沖縄本島における最初の行政機構が置かれ、復興がスタートした地。
離島苦にあえぐ地域住民が、1つひとつ石を運んで海に道路を作った地。
廃校となった校舎で、インターネットを活用した未来型の学校が活躍する地。

 

うるま市の島しょ地域には、いつの時代にも、挑戦の物語があふれている。

 

島で今も紡がれている「あるものを活かす生き方」。
この“あるもの”とは、なにも物資的な資源だけではない。
ありのままの自分という存在を、正直に、受け容れて、肯定して。

 

この島々で
あなただからこその宝を活かした、あなただからできる挑戦が
きっと生まれる。

 

しまみらいBridgeは、島で興るたくさんの挑戦の物語を応援して、
その生き方・あり方から、未来に繋がるヒントを得ようという、
探究型のメディアです。

NEWS

お知らせ

お知らせ一覧

Project

プロジェクト情報

2020年度、島しょ地域を舞台に、沖縄初となるローカルベンチャースクール(移住起業家支援)が開講予定です!

プロジェクト一覧

 

うるまの島々

URUMA ISLANDS

 

沖縄本島、真ん中の東海岸。満潮時には美ら海のエメラルドブルー、
干潮時には沖縄最大級の干潟の眺望が楽しめる海中道路を渡った先に、
橋で繋がった4つの島々、平安座(へんざ)島・浜比嘉島・宮城島・伊計島があります。
さらに、世界遺産に登録されている勝連城の先にある漁港から高速船で30分の距離にある津堅島。
文化も魅力も個性的なこの5つの島々が、「しまみらいBridge」の舞台です。

 

Interview

インタビュー

インタビュー一覧